2020.05.24 08:40

漁師と一緒に魚さばこう!ネット講座付き宅配好評 須崎の大敷組合

ノートパソコンのカメラに向け魚をさばく笹岡祐貴さん=右(須崎市内)
ノートパソコンのカメラに向け魚をさばく笹岡祐貴さん=右(須崎市内)
1日10組 即日完売
 須崎市の九石(くいし)大敷組合が提供している、鮮魚のネット販売が好評だ。オンラインでのさばき方講座がセットになっており、自宅で漁師と一緒に調理する分かりやすさが受けている。
 
 同市のプロモーション映像を製作した都内の企画会社が、コロナウイルス感染拡大で首都圏向け販売が激減した同組合の力になろうと共同で企画。1日にネットで10組限定で発売したところ即日完売、第2回もすぐに売り切れた。
 
 16日夜に行われた2回目のオンライン講座には、東京や埼玉、沖縄などの家族ら10組が参加。組合職員の笹岡祐貴さん(27)が、アジをさばく様子を自宅から中継した。
 
 笹岡さんは「不格好でも大丈夫」と励まし、参加者に魚をアップにしてもらい、「もう少し切って」などとアドバイス。魚の保存方法やあらを冷凍することで臭いが防げることなども伝授した。
 
 刺し身が出来上がるとオンライン飲み会の様相に。漁師の仕事や魚についての質問などが飛び交い、約2時間半の交流を楽しんだ。
 
 滋賀県から参加した家族は「プロに手ほどきを受けられるので迷わず応募した。魚がおいしくて、子どももたくさん食べてくれた。コロナがなければこういう機会はなかったのでいい経験になった」と感想を語った。
 
 笹岡さんは「お互いに顔を見ながら、さばいて食べて幸せな時間だった。さばき方だけでなく漁師飯や干物作りなど、発信の幅を広げたい」と意欲を見せた。
 
 次回は6月20日を予定。問い合わせは企画会社WHERE(050・3786・9041)へ。(富尾和方)

関連記事

もっと見る

ページトップへ