2020.05.23 14:33

高知県内、マスクあるにはある… 値下がり中だが「まだ割高」

高知市中心部の店頭で売られていた使い捨てマスク(コラージュ・岡崎紗和)
高知市中心部の店頭で売られていた使い捨てマスク(コラージュ・岡崎紗和)
 新型コロナウイルスの感染が拡大した2月以降、品薄状態が続いていた使い捨てマスクが、県内の店頭に徐々に並ぶようになってきた。ただ、感染拡大以前に比べるとまだまだ割高。値下げを待つ消費者も多いようだ。
 
□異業種参入
 5月の大型連休中の高知市中心部。1カ月ほど前まで毎日のようにできていたドラッグストア前の行列は消え、代わりにこんなうたい文句を掲げる個店が目立ち始めた。
 
 「マスク緊急販売」「入荷致しました!」...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ