2020.05.23 08:33

土佐市新庁舎 22年度完成 免震4階 総事業費46億円

土佐市役所新庁舎のイメージ図
土佐市役所新庁舎のイメージ図

 土佐市が建設を計画する市役所新庁舎の実施設計がこのほど完了した。鉄骨造り4階建て(延べ床面積約6千平方メートル)の免震構造で、新たな防災やまちづくりの拠点となる。一部土地の購入や旧庁舎解体費用も含めた総事業費は約46億円。11月ごろ着工し、2022年度中の完成を目指す。
 
 同市高岡町甲の旧庁舎は本庁舎が1960年、西庁舎が72年、北庁舎が78年の建設で老朽化。市は防災面も考慮し現地建て替えを決めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央

ページトップへ