2020.05.23 08:35

虚偽申告の調査非公開 奈半利町 議会特別委が初会合

 ふるさと納税を巡る安芸郡奈半利町の虚偽申告問題を調べる町議会の「ふるさと応援基金事業に関する不正問題調査特別委員会」(竹内哲夫委員長、10人)が22日、初会合を開いた。「傍聴には委員長の許可が必要」とする町議会委員会条例の規定などを根拠に、約2時間の議論を非公開とした。

 初会合に出席した複数の委員によると、協議では公開の可否が議論になり、「公開すると、返礼品業者の個人情報など突っ込んだ議論ができない」「重大な案件であり公開が原則。この期に及んで公にしないことは問題だ」などと意見が割れたという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済主要安芸

ページトップへ