2020.05.22 14:36

学校でシールドいかが 高知市の男性が簡単作り方紹介 コロナ対策

自作の保護シールドを身につける浜田明人さん(高知市春野町)
自作の保護シールドを身につける浜田明人さん(高知市春野町)
 新型コロナウイルスの感染防止用の顔を覆う保護シールドの作り方を、高知市の男性が学校に広めている。理科の実験で使うことを想定。透明な下敷きなどを使った簡易な作りで、学校からは「1人ずつでの実験も想定していたが、みんなで取り組めて効果的」などの声が上がっている。

 活動しているのは高知市春野町で個人塾を経営する浜田明人さん(59)。元公立中学校の教員で、現在は土佐市の高岡中学校で理科の支援員を務めていることもあって学校の事情に詳しい。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ