2020.05.21 08:35

夏の甲子園中止 県内球児は悔しさ、落胆「せめて独自の大会を」

馬淵史郎監督から夏の甲子園大会中止の知らせを聞く明徳義塾高校野球部員(20日午後、須崎市の同校=佐藤邦昭撮影)
馬淵史郎監督から夏の甲子園大会中止の知らせを聞く明徳義塾高校野球部員(20日午後、須崎市の同校=佐藤邦昭撮影)
 3年間、仲間と目指してきた甲子園への道は閉ざされた。20日、第102回全国高校野球選手権大会の中止を聞いた高知県内の高校球児は、「ここ数日の報道で、中止になるかもと思っていたけど、実際に決まるとやっぱりつらい」―。新型コロナウイルスに翻弄(ほんろう)される不安な日々を過ごしながらも、開催に一縷(いちる)の望みを抱いていただけに、悲しみ、悔しさ、落胆の声があふれた。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ