2020.05.16 08:35

高知県内への移住、初の1000組超 19年度、取り組み強化で目標突破

1030組1475人 相談会増など奏功
 2019年度の高知県内への移住者数は前年度から96組(150人)増の1030組(1475人)となり、県が産業振興計画で同年度の目標としていた千組を上回った。県移住促進課が15日発表した。

 県、市町村の相談窓口を通じた移住者を集計。12年度に121組(225人)だった移住者数は、人口減少を背景にした県の取り組み強化により右肩上がりで推移し、18年度は934組(1325人)だった。千組突破は初。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会移住社会

ページトップへ