2020.05.11 08:11

やいろ鳥 「おおらか」な防災を

「よりよい支援とは何か。判断して実行する力が必要です」と話す山崎水紀夫さん(高知市内)
「よりよい支援とは何か。判断して実行する力が必要です」と話す山崎水紀夫さん(高知市内)
 「第二の人生というより、本来の人生と言った方がいいかもしれませんね」
 そう言って笑うのはNPO高知市民会議の理事、山崎水紀夫さん(56)=高知市横浜南町。2020年春、35年勤めた高知県庁を早期退職し、異業種からなる団体「高知防災プロジェクト」共同代表として、啓発活動を始めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ