2020.05.08 08:35

ジェットスター高知―関空便「当面休止」 搭乗率低迷で再開未定

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンは7日までに、高知龍馬空港―関西空港線を当面の間、休止することを決めた。現在も新型コロナウイルスの影響で運休しているが、搭乗率が目標を大きく下回る状況が以前から続いており、期間を定めずに運休する。

 高知龍馬空港―関西空港線は2018年12月に1日1往復で就航。しかし、搭乗率が国内線全体の平均の約87%を大きく下回る水準で推移し、2019年10月から週4往復に減便された。ジェットスター・ジャパンは路線別搭乗率を公表していないが、国土交通省によると2019年4~6月は51・8%、2019年7~9月は59・7%だった。

 ジェットスター・ジャパンは今年に入り、2、3月の搭乗率次第で大型連休以降の休止があり得るとの意向を高知県に通知。県は利用促進策を強化する方針だったが、新型コロナの影響で航空需要が低迷する中、ジェットスター・ジャパンが「当面の休止」を決めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ