2020.05.05 08:00

小社会 こどもの日

 きょうは「こどもの日」にして二十四節気の「立夏」。そう聞いて、忘れらない詩があります。有名な詩ですが、木下夕爾(きのした・ゆうじ)という詩人で俳人の「ひばりのす」という題です。
 
 書き出しは、〈ひばりのす/みつけた/まだたれも知らない〉。続けて〈あそこだ/水車小屋のわき/しんりょうしょの赤い屋根のみえる/あのむぎばたけだ〉。続く最後の一連が、大人に大きな衝撃を与えたのです。
 
 〈小さいたまごが/五つならんでる/まだたれにもいわない〉。この詩人、木下は詩を堀口大学に、俳句を久保田万太郎に学んだそうです。いずれも権威ですが、関係ないでしょう。とにかく少年の抱く大きな秘密はこの年代特有のものです。
 
 赤い屋根の「しんりょうしょ」と、なぜひらがな書きにしたのでしょう。作者にしかわからないことですが、ひらがなには優しい響きがあります。きょうは子供の日でも、子どもの日でもなく、全部ひらがなの日です。
 
 学校や保育園などが休みになって、外へもあまり出られず、大変なことでしょう。そんなときは我慢しすぎず、思い切って言いたいこと、やりたいことを家族に言ってみたらどうですか。秘密にしないこともときには大切です。
 
 日に日にぐんぐん成長する少年、少女をお持ちのお父さん、お母さん、どうぞその子の行き場のない思いを、しっかり受け止めてやってください。われわれ大人がかつて来た道です。
 
 
5月5日のこよみ。
旧暦の4月13日に当たります。つちのえ さる 三碧 仏滅。
日の出は5時14分、日の入りは18時52分。
月の出は16時20分、月の入りは3時51分、月齢は12.0です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で4時17分、潮位175センチと、16時41分、潮位175センチです。
干潮は10時30分、潮位34センチと、22時45分、潮位35センチです。
 
5月6日のこよみ。
旧暦の4月14日に当たります。つちのと とり 四緑 大安。
日の出は5時13分、日の入りは18時53分。
月の出は17時31分、月の入りは4時27分、月齢は13.0です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で4時52分、潮位183センチと、17時32分、潮位185センチです。
干潮は11時11分、潮位15センチと、23時29分、潮位41センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ