2020.05.02 08:50

自粛GW、事情抱え高知へ帰省 親の介護、都会避難…気まずさも

消えたGWの帰省ラッシュ。東京便から降りた人はごく少数だった(1日午後、南国市の高知龍馬空港)
消えたGWの帰省ラッシュ。東京便から降りた人はごく少数だった(1日午後、南国市の高知龍馬空港)

 新型コロナウイルスの影響で帰省の自粛が求められる中、高知のゴールデンウイーク(GW)の風景は一変。1日の高知龍馬空港やJR高知駅には例年のような人波はなく、閑散としていた。それでも故郷に戻った県出身者たちは、それぞれの事情を抱える。親の介護、みとり、仕事の疲れ、感染が広がる都市に暮らす恐怖…。気まずそうな表情も見せながら、ぽつぽつとその心情を打ち明けた。 

 1日午前の高知空港。到着ロビーの案内板は「欠航」表示がずらり。レストランには「臨時休業」の札が掛かり、前の駐車場もがらがら。出迎えも数人の静かなロビーに、東京便から30人ほどが足早に降りてきた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会新型コロナウイルス社会

ページトップへ