2020.05.01 08:35

本山町長選 私の訴え 5/3投開票

(左から届け出順)
(1)立候補を決意した理由は。
【細川博司(ほそかわ・ひろし)氏(63)無所属・前】(以下、細川氏)
 この度、私の後援会の事務手続き不備に責任を感じ退職いたしましたが、町民の皆さまから「取り組み中の施策を進めてほしい」との力強い声にふるい起こされ、責任を果たす決意をいたしました。

【藤島利久(ふじしま・としひさ)氏(57)無所属・新】(以下、藤島氏)
 今西・細川両町長経験者に副町長をお願いして町をまとめるため。自然エネルギー電力公社を興して食エネ自立循環型社会モデルを構築する。

【今西芳彦(いまにし・よしひこ)氏(65)無所属・元】(以下、今西氏)
 現職町長の違法行為の責任をとっての辞職は、歴史ある町史の汚点となった。町内外の方から「何とかしてや、やり直さんといかん」の声を頂き、私の今までの行政経験を生かし町政の信頼回復と町の活性化を図る。

【加藤和(かとう・のどか)氏(40)無所属・新】(以下、加藤氏)
 新型コロナウイルスから、本山町の住民の命と暮らしを守るためです。このような非常事態では、臨機応変な行政の対応が必要です。今までのスピード感のない行政では対応が難しいと思い、立候補を決意しました。
...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済嶺北

ページトップへ