2020.04.27 14:37

よさこい祭り初の中止 新型コロナで「健康・安全優先」

1954年から歴史を刻んできたよさこい祭り。今夏は初めての中止が決まった (1964年、高知駅前)
1954年から歴史を刻んできたよさこい祭り。今夏は初めての中止が決まった (1964年、高知駅前)
 今夏の第67回よさこい祭り(8月9~12日)について、主催団体の「よさこい祭振興会」(会長=青木章泰・高知商工会議所会頭)は27日、中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、振興会の役員58人向けに書面で諮っていた中止案に、全員が賛成した。土佐路の夏を彩ってきた祭りが中止となるのは1954年に始まって以来、初めて。8月13日に予定されていた高知市納涼花火大会なども中止となる。
 
 よさこい祭振興会の青木会長は27日、文書でコメントを発表。「何とか祭りを行うことができないか検討してきた」とする一方、感染予防対策が難しいことなどを挙げ、中止について「チームの方々や観光客など全ての方々の健康と安全を最優先に考えた措置」と理解を求めた。また、感染終息を前提に、代替イベントの可能性を検討する考えも示した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ