2020.04.25 08:35

自作のいかだ壊れ...大学生2人、高知市の仁淀川で救助「コロナで退屈」

 24日午後3時ごろ、高知市春野町森山の仁淀川で、男子大学生2人=いずれも19歳=が自作のいかだで川下り中にいかだが壊れ、中州に取り残された1人を消防が救出する騒ぎがあった。2人は県内の高校時代の同級生。新型コロナウイルスの影響で大学の授業がなく、1人は県外から帰省していた。

 2人は南国市と名古屋市に在住。取材に対する本人らの説明によると、「コロナで遊びもバイトもなく、何か面白いことをしたい」と川下りを計画。山から切り出した竹10本とポリタンク4個で約2メートル×約3メートルのいかだを自作したという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ