2020.04.18 08:40

こいのぼり5000匹ゆらり 川渡し飾り付け 梼原町白谷集落

約5千匹が風にそよぐ川渡し(梼原町川西路)
約5千匹が風にそよぐ川渡し(梼原町川西路)

 高岡郡梼原町川西路の白谷集落で、恒例のこいのぼりの川渡しが始まった。50センチ前後のミニサイズ約5千匹が、さわやかな風の中を泳いでいる。5月末まで。

 地元住民らが、家に飾るより面白いと、2013年に川渡しを始めた。地元建設会社の協力もあり、徐々にこいのぼりが増え、名物に成長した。今年は白谷川の上に50~100メートルのロープを約30本張り、7世帯が協力して7日に飾り付けた。

 地元の西添みさえさん(72)は「毎年子どもたちが喜んでくれるのがうれしい。『見に来て』と積極的には言えないのはつらいが、気分転換に訪れてほしい」と話している(富尾和方)

カテゴリー: 社会高幡

ページトップへ