2020.04.17 08:36

池本選手が(中村高校出身)プロランナーに 実業団から転身

「今は新たなスタートを切るという気持ち」とプロランナーになった心境を打ち明ける池本愛(4月上旬、東京都内=SWAC提供)
「今は新たなスタートを切るという気持ち」とプロランナーになった心境を打ち明ける池本愛(4月上旬、東京都内=SWAC提供)
「楽しんで限界超えたい」
 全国都道府県対抗駅伝高知県代表などで活躍した陸上長距離の池本愛選手(25)=中村高校出身=が今春から、東京のスポーツ関連会社が運営するランニングクラブチームに所属し、「プロランナー」としての生活を始めた。「走ることを楽しみながら限界を超えたい」と新たな気持ちで競技に向き合っている。 

中村高時代は県体で3年連続3冠だった池本=中央。2年生時には全国総体1500メートルで決勝レースに進んだ (2011年8月、岩手県の北上総合運動公園陸上競技場)
中村高時代は県体で3年連続3冠だった池本=中央。2年生時には全国総体1500メートルで決勝レースに進んだ (2011年8月、岩手県の北上総合運動公園陸上競技場)
 池本選手は高知県立中村中学校で本格的に陸上を始め、全国中学駅伝ではエース区間の1区を担当。中村高校に進むと1年から3年間、県高校体育大会の800メートル、1500メートル、3000メートルの3種目を制し、3年連続3冠を達成した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: スポーツ

ページトップへ