2020.04.14 08:35

宿毛発コロナ対策番組 CATV制作4/14から放送

自宅でできる体操を撮影するスワンTVのスタッフ(宿毛市の大井田病院)
自宅でできる体操を撮影するスワンTVのスタッフ(宿毛市の大井田病院)
宿毛市・病院と連携
 新型コロナウイルスの感染確認が相次ぐ高知県宿毛市で、地元ケーブルテレビ(CATV)の「西南地域ネットワーク SwanTV(スワンTV)」が、自宅でできる運動などを紹介する“コロナ対策”のシリーズ番組を制作している。宿毛市や医療機関と連携し「自宅待機している人たちに向け、少しでもできることを」と、14日に放送を始める。

 宿毛市では3月末から感染者が次々に確認され、中平富宏市長は自ら、防災行政無線や動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けている。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ