2020.04.14 08:35

キノコ菌床を自前で製造へ 三原村の集落営農組織

殺菌釜に並べられるキノコ菌床(三原村下切)
殺菌釜に並べられるキノコ菌床(三原村下切)
設備導入しコスト減
 林業とキノコ栽培に取り組んでいる高知県幡多郡三原村下切の集落営農組織「フォレストファーマーズ下切」がこのほど、既製品に頼っていたキノコ菌床を製造する専用設備を導入した。将来は菌床の原料となる雑木も村内産でまかないたい考えで、「山づくりとキノコ栽培を循環させたい」と意気込んでいる。

 3年前に発足した「フォレストファーマーズ下切」は組合員約20人。県内の集落営農組織では珍しく林業を主な収入源としているほか、キクラゲやシイタケの栽培も手掛け、キクラゲは菌床約2500個で年間2・5トンを生産している。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 主要政治・経済幡多

ページトップへ