2020.04.11 08:39

高知県内感染54人に 宿毛のバーはクラスター

 高知県と高知市は10日、新たに5人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。全員が軽症。このうち1人は高知銀行が9日に発表済みの行員で、県内の感染者は計54人となった(うち退院14人)。新たな感染者のうち2人は、経営者らの感染が判明している宿毛市のバーを利用。入院中の宿毛署員2人もこのバーを訪れており、県は「クラスター(感染者集団)に該当する」とした。
 
 発表によると5人は、高知銀行越知支店に勤務する高知市在住の30代男性行員▽同市の60代男性会社員▽幡多地域の自動車整備業の70代男性▽中央東福祉保健所管内の50代女性歯科衛生士▽高知市の学校法人の20代女性職員。
 
 クラスターになったバーは「ちょっとBAR ZIP!」(宿毛市中央5丁目)で、経営者の60代女性が5日に、店で働く40代の娘が8日に、それぞれ感染が確認されている。今回新たに判明した60代男性は出張中の3月30日にこのバーを利用し、70代男性は同27日に訪れていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要社会新型コロナウイルス社会

ページトップへ