2020.04.10 08:35

新庁舎設計案で意見公募 宿毛市2022年3月完成予定

宿毛市役所新庁舎の完成イメージ図
宿毛市役所新庁舎の完成イメージ図
 高知県宿毛市はこのほど、高台移転が決まっている市役所新庁舎の基本設計案をまとめた。2020年末の完了を見込む高台造成が終わり次第、着工し、2022年3月の完成を目指す。市は設計案について24日まで、パブリックコメント(意見公募)を実施している。
 
 桜町の現庁舎は築50年を超え、老朽化が著しいことから約3キロ西の小深浦の高台に移転する。基本設計案では、新庁舎の住所は小深浦に隣接する錦。設計案はプロポーザルを経て、大建設計大阪事務所(大阪市)が手掛けた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済幡多

ページトップへ