2020.04.10 08:40

県内施設で休館決定が相次ぐ

 新型コロナウイルスの感染拡大と浜田省司知事の外出自粛要請を受け9日、高知県内の集客施設、文化施設などの休館・休園の決定が相次いだ=表参照。
 
 県立施設では、坂本龍馬記念館や美術館、牧野植物園のほか、1日に開館したばかりの公文書館などがいずれも10~26日に休館する。春野総合運動公園や土佐西南大規模公園などの敷地内にある体育館、野球場、テニスコートなどのスポーツ施設が利用できなくなる。
 
 高知市のオーテピア高知図書館は、10日は閉館時間を午後6時に前倒しし、11~27日は休館する。高知城懐徳館も休館を検討している。
 
 従業員の感染確認で休園していた高知市の「わんぱーくこうち」は消毒が終了したため9日に営業を一部再開したが、今後、対応を検討する。民間施設では、高岡郡四万十町の海洋堂ホビー館四万十などが休館の方向で検討している。
 
日曜市は時短し継続
 高知市は9日、日曜市について次回の12日以降は当面の間、開催時間を午前5時~午後2時に短縮した上で継続すると発表した。「市民が日用品や食料品を調達する場であるため」とし、出店者や来客に感染対策を呼び掛ける。(高知新聞取材班)

関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会新型コロナウイルス主要社会

ページトップへ