2020.04.09 08:19

佐川高生が地元茶葉で紅茶 3年生がブレンド カフェで提供へ

独自のブレンドを目指し試飲する佐川高生たち(佐川町中組)
独自のブレンドを目指し試飲する佐川高生たち(佐川町中組)
 学校活動の一環として、高知県高岡郡佐川町内でカフェを開いている佐川高校の生徒たちが、佐川町産の茶葉を使いオリジナルの紅茶をブレンドした。グラム単位の微調整をして、個性ある味わいに生徒は「いろんな世代に飲んでもらいたい」と、5月にカフェで提供することを目指している。...

この記事の続きをご覧になるには高新アカウントへの登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 高吾北教育教育

ページトップへ