2020.04.09 08:35

高知市の公立校で児童らマスク手作り 「休校中も活用を」

自分専用のマスクを手作りした子どもたち(8日午後、高知市の潮江南小)
自分専用のマスクを手作りした子どもたち(8日午後、高知市の潮江南小)
 手作りマスクで感染を防ごう―。7日の学校再開から一転、新型コロナウイルスの感染拡大により13日からの休校準備が進む高知市内の公立校で8日、児童生徒が高知市教育委員会の準備した布を使ってマスク作りを始めた。

 高知市教育委員会は7日の学校再開以降、児童生徒がマスクを準備できずに登校するのを防ごうと布を準備。全60校、約2万2千人分の木綿計2700平方メートルを約120万円で購入し、各校に届けていた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ