2020.04.09 08:20

高知大学と旭食品が共同研究講座 高知食材の商品開発

高知大との共同研究で意欲を述べる旭食品の竹内孝久社長(8日午後、高知市の高知大朝倉キャンパス)
高知大との共同研究で意欲を述べる旭食品の竹内孝久社長(8日午後、高知市の高知大朝倉キャンパス)
 高知大学と食品卸大手の旭食品(南国市)は4月から、高知大学物部キャンパスに共同研究講座を設けた。両組織の研究者が連携し、ユズやブンタンなど高知食材の商品開発や海外輸出を目指す。高知大の民間企業との研究講座は3例目。

 講座には旭食品子会社「旭ものづくり研究所」の施芳(シファン)上席主任研究員らが常駐。高知大教授や学生とともに、ユズなどの高付加価値化や機能性の評価・検証、商品開発を進める。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済高知中央香長

ページトップへ