2020.04.09 08:37

「エヴァ」ラベルの酒 四万十町の無手無冠がホビー館とコラボ

「新世紀エヴァンゲリオン」ラベルの無手無冠3商品
「新世紀エヴァンゲリオン」ラベルの無手無冠3商品
 高知県高岡郡四万十町大正の酒造会社「無手無冠」が、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターをラベルに配した3商品を10日に発売する。

 四万十町打井川の海洋堂ホビー館四万十で開催中の特別展に合わせた企画。福永太郎番頭(39)は「どの酒にどのキャラクターが似合うか、社員みんなで悩みに悩んだ」と話す。

 「無手無冠 特別純米酒」には、四万十町役場にもフィギュアが飾られている「初号機」を起用。栗焼酎「ダバダ火振」には、6月公開予定の最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」に登場する「8号機」、四万十川流域でとれたユズを使ったリキュール「無手無冠ゆず」には綾波レイのフィギュアがデザインされている。

 特別純米酒とダバダは720ミリリットル入り1850円、ゆずは500ミリリットル入り1500円(いずれも税込み)。県内の酒店やスーパー、道の駅などで販売する。(井上太郎)

カテゴリー: 主要政治・経済高幡

ページトップへ