2020.04.07 14:36

高知県立37校が来週から休校 4/13~24小中学校は各教委判断

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、高知県教育委員会は7日、高知市と幡多、中央東の3福祉保健所管内にある県立の21高校と3中学校、県内13の県立特別支援学校の計37校を13日から24日までの2週間、臨時休校とすることを決めた。公立小中学校を管轄する市町村教育委員会にこの方針を通知しており、市町村教委は休校するかどうか判断をする。
 
 県教委はこれまで、7日からの学校再開を基本方針としてきた。方針転換の背景には感染拡大の状況があるとはいえ、判断の“揺れ”や分かりにくさが県内に混乱を呼ぶ可能性がある。
 
 休校になる高校は、高知市9▽香南市1▽香美市1▽南国市3▽黒潮町1▽四万十市3▽宿毛市2▽土佐清水1―の計21校。中学校は県立中村中学校(四万十市)と高知南中学校(高知市)、高知国際中学校(高知市)。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 主要教育新型コロナウイルス社会

ページトップへ