2020.04.07 08:42

井上ワイナリーが三宝山にワイン醸造所 2022年開業 香南市

ワイン醸造に向けブドウの苗木を植え付けた (佐川町丙)
ワイン醸造に向けブドウの苗木を植え付けた (佐川町丙)
 井上ワイナリー(南国市蛍が丘2丁目)は高知県香南市野市町大谷の三宝山に、自社栽培の県産ブドウを使ったワイン醸造所を整備する。2022年5月に開業予定で、香南市は県立のいち動物公園などを含めた「一帯の周遊観光の中核に」と期待している。

 井上ワイナリーの親会社、井上石灰工業(南国市稲生)は、10年ほど前からタイやベトナムでワイン用ブドウなどの果樹用農薬の販売を通して栽培支援。そのノウハウを生かし、自社でもワイン造りに挑戦できないかと、2013年からブドウの栽培を始め、2016年に井上ワイナリーを設立した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済香長

ページトップへ