2020.04.06 08:45

新型コロナ、高知県内感染増に知事警戒感 軽症者の宿泊施設収容も検討

7人の感染判明を受け、記者会見する浜田知事。右は岡﨑高知市長(5日午後、県庁)
7人の感染判明を受け、記者会見する浜田知事。右は岡﨑高知市長(5日午後、県庁)

 高知県内の新型コロナウイルスの1日の感染者として、これまでで最多の7人が判明した5日。浜田省司知事は記者会見で「向こう数日、感染者数の行方をよく見極める必要がある」と警戒を強めた。感染がさらに拡大して病床が不足する事態も想定し、軽症者らの宿泊施設などでの受け入れを検討する考えを明らかにした。

 県内で感染者を受け入れる病床は、指定医療機関の高知医療センター16床、幡多けんみん病院7床に、県内五つの協力医療機関の9床を加えた計32床。それに対し、退院した人を除く患者数は、5日の7人を加え計21人となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ