2020.04.05 08:35

消毒した指で泥ペタリ コロナ鎮まれ 高知市でどろんこ祭り

泥を塗って無病息災を願ったどろんこ祭り(4日午前、高知市の若宮八幡宮)
泥を塗って無病息災を願ったどろんこ祭り(4日午前、高知市の若宮八幡宮)
 「長生きして」「コロナに負けなよ」―。高知市長浜の若宮八幡宮で4日、400年以上続く「どろんこ祭り」が行われた。女性から泥を塗られた男性は病気しないとの習わしに従い、今年の女性たちは消毒した指に泥を控えめに付けて男性にペタリ。無病息災を願った。
 
 祭りの起源には諸説ある。長宗我部氏の時代、長浜で疫病がはやり、住人が田んぼを奉納すると終息。人々は米を育む泥を生命の象徴として掛け合って喜んだ―とも伝わる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ