2020.04.05 08:40

全児童生徒にマスク生地 高知市教委 2万人分配布へ

手作りマスク用の布を切り出す教員(高知市升形の第六小学校)
手作りマスク用の布を切り出す教員(高知市升形の第六小学校)
新学期に子どもが製作
 新型コロナウイルスの感染が広がる中、高知市教委は7日の新学期に合わせ、全ての市立小中学校を含む59校約2万人の児童生徒にマスクが行き渡るよう、手作りマスク用の布素材を配布する。縫い針を使わず作ることができ、新学期早々に子どもに製作してもらう。
 
 市内各校は学校再開に向け、各家庭に登校前の検温とマスク着用を依頼しているが、市販マスクは極度の品薄状態。「全ての家庭がマスクを用意できるとは限らない」(市教委教育環境支援課)として素材配布を決めた。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ