2020.04.03 08:40

四万十ひろば 4/20新装 オートキャンプ場整備

20日にリニューアルオープンするキャンプ場 (四万十市西土佐用井)
20日にリニューアルオープンするキャンプ場 (四万十市西土佐用井)
 四万十市西土佐用井のキャンプ場「四万十ひろば」が20日、リニューアルオープンする。県観光キャンペーン「リョーマの休日」に合わせ、市が新たにオートキャンプ場などを整備。従来のカヌーや川遊びと併せてPRし、自然・体験型観光の拠点とする。 

 「四万十ひろば」は1987年、四万十川沿いの市有地にオープン。自由にテントを張れるキャンプ場やカヌー館のほか、テニス場やゲートボール場があったが老朽化し、利用者も少なかったという。

 四万十市は誘客力を高めようと2019年度、山梨県や静岡県などでキャンプ施設を運営する「ピカ」の監修で再整備計画を策定し、同年12月から改修工事を進めていた。総事業費は約9600万円。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 政治・経済幡多

ページトップへ