2020.04.01 08:41

高知県の犬殺処分、最少の3匹 2019年度、ボランティア奮闘

 高知県食品・衛生課が31日にまとめた2019年度の県内の犬殺処分匹数(速報値)は3匹=表参照。前年度より22匹減り、史上初の1桁となった。

高知県中央小動物管理センターで年1回開かれる動物慰霊祭。「殺処分匹数減少を目指す」と誓う一方で、多くの子猫を即日処分している(高知市孕東町、2月14日)
高知県中央小動物管理センターで年1回開かれる動物慰霊祭。「殺処分匹数減少を目指す」と誓う一方で、多くの子猫を即日処分している(高知市孕東町、2月14日)
 1997年度に5293匹だった犬の殺処分数は年々減り、2016年度に100匹割れ。2018年度は高知県中央小動物管理センター(高知市孕東町)が乳飲み犬を愛護活動家に連絡せず殺したため増えたが、2019年度はセンターの共同設置者である県が協力態勢を取ったことから一気に減った。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 社会助けて!わんにゃん社会

ページトップへ