2020.03.31 08:34

高知県職員が酒に酔い痴漢行為 減給処分 欠勤続けた主査も

 高知県は30日、林業振興・環境部のチーフ級の40代男性職員が高知市内で酒に酔って女性に痴漢行為をしたとして減給10%6カ月の懲戒処分(同日付)にしたと発表した。

 高知県によると、職員は昨年7月20日午前1時ごろ、高知市内のコンビニで女性客の尻を手で1回触った。昨年11月に高知署が県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検し、今年2月に不起訴処分となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会高知中央

ページトップへ