2020.03.30 08:37

生活費貸し付けに続々 開始2日で62件 高知県内社協

特例貸し付けの窓口を担っている高知市社協(高知市丸ノ内1丁目の高知市総合あんしんセンター内)
特例貸し付けの窓口を担っている高知市社協(高知市丸ノ内1丁目の高知市総合あんしんセンター内)
 新型コロナウイルス感染症の影響で収入の減った世帯が、20万円まで無利子で借りることができる国の「緊急小口資金」の特例貸し付けが始まり、窓口となる高知県内の各社会福祉協議会に申し込みが相次いでいる。担当者は「自営業や農業、清掃業など幅広い業種の方から相談がある。困っている方は連絡を」と呼び掛けている。

 特例貸し付けは、低所得者が対象の生活福祉資金の適用を広げて25日から受け付けを始めた。対象は、感染症の影響により一時的に生活資金が必要になった世帯。1世帯につき1回限り原則10万円を貸し付ける。連帯保証人は必要ない。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

ページトップへ