2020.03.29 08:36

休日診療続け半世紀 矢野小児科(高知市)惜しまれつつ閉院

医院を継いだ後も休日診療を続けてきた黒岩祥男院長(28日、高知市の矢野小児科)
医院を継いだ後も休日診療を続けてきた黒岩祥男院長(28日、高知市の矢野小児科)
 開業以来、50年余にわたって日曜や祝日の診療を続けてきた矢野小児科(高知市上町2丁目)が28日、閉院した。同市内で休日診療を行う数少ない小児科医院だっただけに、子育て中の親からは「大きなよりどころだった」と惜しむ声も。黒岩祥男院長(75)は自身の年齢などが閉院の理由とし、「自分たちを必要としてくれる子どもたちのため、という思いでこれまでやってこれた」と振り返った。 ...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


ページトップへ