2020.03.28 08:35

高知こどもの図書館、県立公文書館内に4/3開館 貸し出し5月末から

4月3日の一部オープンに向けて、本を並べるボランティアの人たち(高知市丸ノ内1丁目=楠瀬健太撮影)
 4月1日、高知市丸ノ内1丁目の旧県立図書館を改装してオープンする県立公文書館。館内に、高知市永国寺町から移転した認定NPO法人高知こどもの図書館が4月3日午前10時に一部オープンする。現在、収蔵図書のデータベース化を図っており、本の貸し出しは5月末からを予定している。

■関連記事
・高知県民の共有財産を後世に...高知県立公文書館4/1開館 誰でも閲覧可能
・漫画文化の拠点「高知まんがBASE」4月オープン 7000冊読み放題、作画スペースでイベントも
・高知県生涯学習支援センター、公文書館に移転オープンへ 市民参加の各種教室充実

 正面玄関から入ってすぐの1階約398平方メートルに入居。絵本や児童書を中心に構成し、中高生向けの本や児童文学研究書などを合わせて蔵書は2万冊余りになる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能高知中央

ページトップへ