2020.03.26 08:35

四万十市に官民連携で認定こども園 福祉法人と協定 来春開所

公私連携幼保連携型認定こども園「ひかりこども園」のイメージ図(社会福祉法人ひかり会提供)
公私連携幼保連携型認定こども園「ひかりこども園」のイメージ図(社会福祉法人ひかり会提供)
 高知県の四万十市はこのほど、四万十市中村東町1丁目のJT中村営業所跡地に2021年4月に開所予定の認定こども園について、施設を設置・運営する社会福祉法人ひかり会(青木浩理事長)と協定を締結した。官民が連携する、幼保連携型の認定こども園は高知県内初。
 
 社会福祉法人ひかり会は四万十市内で認可保育所を運営。四万十市は2019年11月に公募型プロポーザルを行い、唯一応募した社会福祉法人ひかり会が選ばれた。保育と教育を行う認定こども園の名称は「ひかりこども園」。定員は165人(0~5歳児)、総事業費は4億4400万円を見込んでいる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 子育て政治・経済幡多

ページトップへ