2020.03.26 08:35

大川村さくら祭やります! 4/5~19 感染防止対策も

手洗いの研修をする実行委メンバー(大川村井野川)
手洗いの研修をする実行委メンバー(大川村井野川)
 高知県土佐郡大川村井野川で4月5~19日、「第7回さくら祭・しばざくら祭」が開かれる。実行委員会は新型コロナウイルスの感染防止マニュアルを作るなど対策を講じており、「知恵と力を合わせて、村を活気づけたい」としている。

 2004年にUターンした川上文人さん(67)、千代子さん(67)夫妻が自宅裏山を切り開いて桜やシバザクラを植樹し、2014年から祭りを始めた。2018年には夫妻と大川村の若手ら約30人で実行委を設立。人口約400人の村に毎年千人以上が訪れる催しに成長させている。

 今年は感染症拡大を受け、開催の可否を協議。県内の状況が落ち着いていることも考慮し、「住民でつくってきた祭り。できる対策をやって開催しよう」と決めた。元看護師の千代子さんが会場施設の消毒や手洗いの手順書、体調管理チェックシートなどのマニュアルを作成し、メンバーと研修を行ってきた。

 ライブや餅つきなどのイベントは自粛し、日曜日ごとに予定している飲食物の出店は各店の判断に任せるという。午前10時~午後3時(雨天中止)。施設整備金として1人500円の協力を呼び掛けている。問い合わせは千代子さん(090・7576・2288)へ。(森本敦士)

カテゴリー: 社会嶺北


ページトップへ