2020.03.26 08:35

宿毛市の沖の島中学校9年ぶり再開へ 地元で1人が進学

住民歓迎「活気出る」
 2011年度から生徒がおらず休校していた高知県宿毛市の沖の島中学校が2020年度、9年ぶりに再開する。併設の小学校を卒業した生徒1人が入学する予定で、島民らは「地域に活気が出る」と喜んでいる。 
 
小学校の卒業証書を受け取る増本瑚々花さん。4月から沖の島中学校で9年ぶりの生徒となる(宿毛市の沖の島小・中学校)
小学校の卒業証書を受け取る増本瑚々花さん。4月から沖の島中学校で9年ぶりの生徒となる(宿毛市の沖の島小・中学校)
 沖の島中学校は、母島小中学校と弘瀬小中学校を統合し、2004年に「沖の島小・中学校」として開校した。2011年春に当時唯一の生徒だった3年生1人が卒業。その後、沖の島小学校を1人が卒業したが、宿毛市内の別の中学校へ進学したという。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 教育幡多


ページトップへ