2020.03.25 08:40

桜やっと咲いた高知城 平年より2日遅れ1週間ほどで満開に


 高知地方気象台は24日、高知城のソメイヨシノが開花したと発表した。平年より2日遅れ。今年は東京や他県に先を越され、見物客も「やっと咲いた」と笑顔を咲かせた。

 三の丸の標本木は同日午前10時に4輪が咲いていたが、開花の基準は「5、6輪」。午後4時に高知地方気象台の調査官が再度訪れると10輪が確認され、開花を宣言した。

 3月は暖かい日が続いており、23、24日の高知市の最高気温は21・3度、18・2度。ぽかぽか陽気がつぼみをするりとほどいた。

 高知市の大学生、樫本果子さん(19)は花を見上げ、「冬を乗り越えた底力を感じる」とにっこり。高知地方気象台によると、1週間ほどで満開になるという。(深田恵衣)

カテゴリー: 環境・科学

ページトップへ