2020.03.24 08:25

中国男性が宿毛市にマスク贈る 留学時に実習で滞在

宿毛市を訪れたことのある中国人男性から届いたマスク(宿毛市桜町の市役所)
宿毛市を訪れたことのある中国人男性から届いたマスク(宿毛市桜町の市役所)
「恩返しを」と200枚
 高知県で新型コロナウイルスの感染者が出たことを知った中国人男性からこのほど、宿毛市役所に約200枚のマスクが届いた。男性は早稲田大学に留学中、宿毛市に滞在した縁があり、取材に対し「優しくしてくれた宿毛の人に恩返ししたい」とのメッセージを寄せた。
 
 宿毛市は2016年に早稲田大学と結んだ協定に基づいて中国人留学生らを受け入れ。年に2回、水産業や歴史を学ぶ数日間の実習を案内している。マスクを寄贈したのは、中国浙江省に住む洪喆(ほんぜ)さん(23)で、浙江大学から留学中だった2018年秋、実習に参加した。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


関連記事

もっと見る

カテゴリー: 新型コロナウイルス社会幡多社会


ページトップへ