2020.03.22 08:00

小社会 太陽の塔

 独特の作風で知られる芸術家の岡本太郎さんも若い時は大いに悩んだ。どういった絵を目指すべきか―。遊学していた戦前のパリはマチスやユトリロらの画風や色が若手画家に好まれた。

 渡仏前は東京美術学校に通った岡本さんも描く技術はあった。しかし、なにかしっくりこない。そんなある日、一枚の絵と出合う。静物を大胆に抽象化したピカソの作品だ。さまざまな太さの線が画面全体に自由自在に伸びていた。

 〈色や線の魅力ばかりではない。奥からたくましい芸術家の精神がビリビリと伝わって来る〉。興奮気味に自著で振り返る。目指す道を得た喜びでアトリエに戻る途中涙が止まらなかったという。

 その後の多彩な創作活動を経た岡本さんの代表作の一つが1970年大阪万博の「太陽の塔」。登録有形文化財とするよう国の文化審議会が萩生田文部科学相に答申した。高さ約70メートルの塔は、現在と過去、未来の顔を持つ。手を広げたような格好で立つ姿は、心に強く刻まれる。

 70年万博は高度成長を内外に印象づけた。一方で、成長一辺倒の社会が続かないと感じていた人もいただろう。生き物の進化過程を塔を上りながらたどる―。命への深い思いがそこには込められていた。

 進むべき道をパリで見つけた岡本さんは「ピカソへの挑戦」を後に唱えた。祭り上げたり、祭り上げられたりするのも嫌った。文化財への答申をどう思っているだろう。


3月22日のこよみ。
旧暦の2月28日に当たります。きのえ ね 四緑 大安。
日の出は6時07分、日の入りは18時19分。
月の出は5時16分、月の入りは16時21分、月齢は27.5です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で5時36分、潮位155センチと、17時09分、潮位154センチです。
干潮は11時22分、潮位55センチと、23時36分、潮位16センチです。

3月23日のこよみ。
旧暦の2月29日に当たります。きのと うし 五黄 赤口。
日の出は6時06分、日の入りは18時20分。
月の出は5時47分、月の入りは17時16分、月齢は28.5です。
潮は大潮で、満潮は高知港標準で5時59分、潮位160センチと、17時44分、潮位161センチです。
干潮は11時49分、潮位44センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ