2020.03.20 15:23

【延期】岩合泰治展 ー抽象と具象の間でー

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、4月21日~5月31日に延期になりました。
 香美市立美術館の主催。岩合泰治は1930年に大阪で生まれ、1937年に一家で父の郷里である中村に帰ってきました。その後、教職の傍ら制作に励み、1974年に県展無鑑査になり、1982年・1988年に郷土文化会館賞展優勝、1992年に県展特別賞を受賞しました。
 描かれるモチーフは常に風景ですが、抽象化された風景は永遠性をはらみ、硬質な美しさに輝いています。このように、高知県の美術界において独自の世界を築き上げてきた岩合泰治のこれまでの歩みや完成度の高い絵画を、ぜひ多くの方々に紹介したいと思います。
開催日 4月21日~5月31日 4月11日~5月31日
場所 香美市立美術館
時間 9時~17時(入館は午後4時半まで)
入場料・参加料 一般 310円(20名以上の団体 150円)
長寿手帳提示 150円
障碍者手帳提示無料
高校生以下無料
カテゴリー: 見に行く

ページトップへ