2020.03.20 08:00

小社会 声の大きさ

 高知県政を揺るがせた闇融資事件。県が特定企業に対し、秘密裏に巨額の県費を流し込んでいた。高知新聞社がつかんだのは1997(平成9)年の春。県のある職員が漏らした言葉がきっかけだった。

 「僕は…。怖い」。彼の口から出た「融資」「縫製工場」といったキーワードを頼りに長い取材が始まる。浮き彫りになったのは県議会にも報告せず億単位の公金をほぼ無担保で貸し付け経営を支えていた実態。「声の大きい者」に弱い行政の体質だった。

 「最後は下部がしっぽを切られる。なんて世の中だ、手がふるえる、恐い」。森友学園への国有地売却で決裁文書の改ざんを強いられ自殺した近畿財務局職員の遺書にある。闇融資について語った県職員の言葉と重なる。

 財務局職員は手記も残している。上意下達の組織の中で抵抗むなしく、「悪事」に加担させられていくさまが生々しい。誰が改ざんを明確に指示したのか。財務省の調査ではうやむやだったが、手記は「元は、すべて、佐川(宣寿)理財局長の指示です」と断言している。

 核心部分で食い違いがある以上、安倍政権が再調査に応じない理由はない。遺族は国と佐川氏に損害賠償を求めて提訴した。法廷で真実を語ってほしいという思いは国民も同じだろう。

 実直な一人の公務員を死に追いやった「声の大きい者」。官僚機構や政治の世界にもいるのだとしたら、それはいったい誰なのか。


3月20日のこよみ。
旧暦の2月26日に当たります。みずのえ いぬ 二黒 先負。
日の出は6時10分、日の入りは18時18分。
月の出は4時04分、月の入りは14時28分、月齢は25.5です。
潮は若潮で、満潮は高知港標準で4時43分、潮位142センチと、15時44分、潮位133センチです。
干潮は10時23分、潮位80センチと、22時28分、潮位24センチです。

3月21日のこよみ。
旧暦の2月27日に当たります。みずのと ゐ 三碧 仏滅。
日の出は6時08分、日の入りは18時18分。
月の出は4時42分、月の入りは15時25分、月齢は26.5です。
潮は中潮で、満潮は高知港標準で5時11分、潮位149センチと、16時31分、潮位145センチです。
干潮は10時54分、潮位67センチと、23時04分、潮位19センチです。

カテゴリー: 小社会コラム

ページトップへ