2020.03.17 08:00

【障害者殺傷】「心の闇」残したままでは

 相模原市の知的障害者施設で2016年、入所者19人が殺害され、職員を含む26人が重軽傷を負った事件の裁判員裁判で、横浜地裁は殺人罪などに問われた元職員、植松聖(さとし)被告に求刑通り死刑判決を言い渡した。
 争点だった被告の責任能力を認めた上で、殺人事件では戦後最悪の被害ともいわれる結果の重大性を考慮した。一方で、被告の心の闇が明らかになったとは言えない。
 「意思疎通のできない障害者は不幸を生む」。被告が一貫して主張する差別と偏見に満ちた論理をなぜ、どのように育んできたのか。闇を闇として残したままでは、私たちの社会から不安は消えない。
 裁判で明らかになったのは、障害者が決して「不幸を生む」存在ではないことだった。
 「物事を全く理解できなかったわけではない」「ちょっとした表情の変化や成長を見ることが家族の幸せだった」「(家族写真を見てもらえれば)心のつながったきょうだいだと分かるはず」
 遺族の意見陳述や調書からは障害者一人一人が豊かな個性を持ち、かけがえのない存在だった様子が浮かび上がった。職員として身近に接していた被告はなぜ、そのことに気づけなかったのか。
 遺族らからは死刑判決に納得する声が聞かれる。厳しい処罰感情は、想像を絶する苦痛や悲しみを思えば当然だろう。ただし多くの人が望んだ動機の解明が進まなかったのも事実だ。被告がどのような環境で育ったのかという点さえ、ほとんど審理されなかったという。
 二度と同じような事件が起こらない世の中にするには、どうすればいいか。根深い差別思想は社会のあちこちに潜んでいはしないか。判決前、被告は控訴しない意向を示していた。このまま判決が確定すれば、そうした問いへの答えも教訓も得られないのではないか。
 植松被告は「存在してもいい人間」と「存在してはいけない人間」とに命の線引きを行った。作家の辺見庸さんは、裁判所が被告に死刑判決を下したら、その瞬間に司法は被告と同じ論理に立つ、と高知新聞で述べていた。重い指摘である。
 むろん日本が死刑制度を有する法治国家である以上、死刑判決はなくならない。しかしそれとは別に、法の名において人が人を殺すことをどう考えるか。事件は死刑存廃の問題も改めて提起していよう。
 都心の地下鉄で猛毒サリンがまかれた地下鉄サリン事件から、今月20日で25年。オウム真理教の松本智津夫死刑囚らの刑が執行されたが、教団の主流を占めた優秀な若者らはなぜ凶行に走ったのか。謎はなお解明されていない。
 サリン事件の裁判を通して、私たちは当欄で「核心は量刑ではない」と述べ、「オウム事件の『なぜ』に迫る努力を続けたい」と訴えてきた。同じことは植松被告の事件にも言える。死刑判決で幕引きにはならない。

カテゴリー: 社説

ページトップへ