2020.03.16 08:31

【読もっか U-15 高知の声】ドキュメント「休校」

 新型コロナウイルスの広がりを防ごうと、全国ほぼすべての学校が休校となっています。みなさんの生活はどうですか? 制限。不自由。そんな中でも起きた、すてきな出来事…。今回の「U―15 高知の声」は、休校で高知県の中学生たちに何が起きたか、その小さな記録(ドキュメント)です。

※高知県の中学校が休校になるまで
2/27(木) 午後6時すぎ、安倍晋三首相が休校を要請
2/28(金) 午前11時までに、高知県教育委員会は「3月4日から休校」と、市町村教育委員会に通知
2/29(土) 高知県で初めて新型ウイルス感染者を確認
3/2 (月) 大豊町と越知町の4小中などで休校始まる
3/3 (火) 香美市と須崎市の23小中も休校に
3/4 (水) ほとんどの学校が休校となる。公立高校入試のA日程始まる(5日まで)
3/5 (木) 高知市の小中・義務教育学校58校がこの日、放送などで修了式。6日から休校

【なくなる学校行事】
 2月27日夜。テレビのニュースは「安倍晋三首相が全国の小中高校などに、2日からの休校を要請」一色。これを受け、高知県内の中学校は、多くが4日から休校に。

 1カ月近く残っていた3学期が、突然終了。年度最後を締めくくるいろんな学校行事がなくなりました。

 「わんぱーくこうちへの遠足」(高知市の西部中3年の男子)。

 「黒潮町へのお別れ遠足」(四万十市の蕨岡中2年の男子)。

 「クラスマッチ」(高知市の潮江中3年の女子)。

 なくなった行事を挙げた誰もが、「楽しみにしてたのに」と寂しそうでした。

 高知市の付属中学校や土佐女子中学校では卒業式がなくなりました。

 ただ卒業式は、多くの中学校が「1、2年生は参列せず」「校長先生の式辞なし」などと簡素化しながら実施。ただ、卒業式に出られない1、2年生からは「寂しすぎる」の声が。

 四万十市の後川中3年の男子がこんなことを教えてくれました。「卒業式がなくなると思った後輩の女子が先生に、『3年生にお別れ言えんなる』って泣いたようです。でも卒業式はあるし、うちは全校13人なので全員出られるそうです」

 卒業式だけではないようです。南国市の香長中1年の女子は言いました。「来年度、クラス替えがある。違うクラスになる子もおるに、もう会えんのは…」

 卒業生。クラスメート。実は先生たちとも。別れも突然でした。

【残ったのは「試験」】
 さまざまな学校行事がなくなりましたが、これだけは残りました。テストです。多くの中学校では3月4、5日に3学期の期末テストを予定していましたが、2、3日に前倒し。先生方が採点して返す時間を確保するためです。

 高知市公立中1年の女子は2月28日の夕方、ため息交じりに言いました。

 「ニュース(安倍首相の2日からの休校要請)見て、やったー、これで(3学期の)期末テストも延期やっ!て思った。それが休校は6日からで、テストは前倒しになって。『やったー!』が一気に『最低』に。8教科、勉強する時間あるかなぁ」

 一部で期末テストはなくなりましたが、1、2年生は「急な復習」に追われました。

 公立高校入試は予定通り4、5日に。多くの3年生たちが、ほっとしたそう。「しんどいことが先延ばしにならなくて良かった」

 ただ、本番前日の3日までに休校となった中学校では、こんなことが。

 高知市の付属中学校は2日から休校。3年の男子は「2、3日、クラスのみんなで面接の練習し合ったり、『さぁ、頑張るぞ!』って励まし合ったりすることもなく、入試本番になりました」。

 同じく2日から休校の越知町の越知中学校では。3年の女子はすっきりした顔。「入試前日が休みって…みんなで授業受けて、明日入試や頑張ろうって帰りの会で言うはずやったのに。それがないと気合の入り方、違うのに…って思ってたら、『自由参加の補習がある』って。最後までみんなで勉強できて、緊張感高まって良かったです」

【「1人で」の力付く】
 高知市も6日から休校。これで県内のほとんどの中学生が休みに。

 休校中の生活はさまざま。大型量販店へ。その中にあるゲームセンターへ。ファストフード店へ。感染の危険性が高いカラオケへ。「勉強がなくなって困りますが…本音は『なくなってうれしい』」とは高知市の公立中1年の男子。

 いえいえ、多くの中学生たちは真面目に過ごしています。

 「学校が支給してくれたiPadで授業が進むので、全然休校じゃない。平日は午前9~10時の間にアプリで課題が送られてきて、それを印刷して回答。写真を撮って夕方までに送る。出歩くのはもちろん、テレビを見る暇さえないです。でも、今までこんな授業のやり方はなかったので楽しい」とは、高知市の土佐塾中2年の女子。

 南国市の公立中1年の女子も「陸上部で中長距離、走ってます。3月末の記録会は中止になりましたが、休校中は監督がつくってくれた練習メニューを朝夕、一人でこなしてます。仲間と励まし合うことができないので孤独な戦いですけど、ライバルもみんな頑張りゆうはず。コロナに負けてられません」。

 2人とも「一人で頑張る力」が付いたようです。

 こんな高知市の公立中2年の男子もいました。「家で小4の弟の面倒見てます。毎日、昼食係は僕…といっても、コンビニに買いにいくだけですけどね。お弁当、好きなのは食べ尽くして飽きてきた。(種類豊富な)給食のありがたさが分かりました」

カテゴリー: 教育こども高知新聞教育

ページトップへ