2020.03.16 08:32

シラス漁終えて仁淀川河口を清掃 採捕人ら100人

シラスウナギ漁が終わった仁淀川河口を清掃する採捕人ら(土佐市新居)
シラスウナギ漁が終わった仁淀川河口を清掃する採捕人ら(土佐市新居)
 今季の高知県内シラスウナギ漁が2日に終了したことを受け、土佐市新居の仁淀川河口で15日、採捕人や指定集荷人ら約100人が清掃活動を行った。

 仁淀川漁協所属の指定集荷人らが呼び掛けた。今年は1月下旬の豪雨による増水で、砂浜に建てられた漁小屋が流失。採捕人が暖を取るためのストーブなども流され、砂に埋まった状態だった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 環境・科学高知中央

ページトップへ