2020.03.16 08:35

チューリップ13万本壮観 香南市で「かがみ花フェスタ」

色とりどりのチューリップが楽しめる「かがみ花フェスタ」(香南市香我美町岸本)
色とりどりのチューリップが楽しめる「かがみ花フェスタ」(香南市香我美町岸本)
 色とりどりのチューリップが楽しめる「かがみ花フェスタ」が、高知県香南市香我美町岸本の国道55号沿いで開かれている。会場の広場には昨年より1万本多い13万本が植えられ、親子連れらが散策を楽しんでいる。

 住民らでつくる実行委員会(野島康博会長)の主催で13回目。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、8日に予定していた開園式や飲食の屋台出店は中止した。

 植栽した134種類のうち、これまでに6割ほどが開花。品種によって咲く時期が異なり、4月上旬まで見頃が続くという。5月に設立予定の岸本地区集落活動センターのロゴをかたどった「岸本」の花文字や、ハート形に植えられた一角もある。

 来場者は「紫色が好き」「写真映えする」とうっとり。実行委の矢野佳仁副会長(61)は「イベントの自粛が続く中、きれいなチューリップを見て元気になってもらえれば」と話している。(川嶋幹鷹)

カテゴリー: 主要社会香長

ページトップへ