2020.03.13 08:33

1000万本の「小さな幸せ」 四万十市入田で菜の花見頃

菜の花の優しい香りが漂う四万十川河川敷(四万十市入田)
菜の花の優しい香りが漂う四万十川河川敷(四万十市入田)
 高知県四万十市入田の四万十川河川敷で、菜の花が見頃を迎えている。「小さな幸せ」を花言葉にもつ黄色い花が、川面をなでる風に優しい香りを乗せて、町に春の訪れを告げている。

 地元住民やボランティア、四万十市観光協会のスタッフらが手入れしており、この時季、約1千万本が約2キロにわたって河川敷を染め上げる。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 社会幡多

ページトップへ