2020.03.12 08:35

吉井勇が土佐の息子・黒岩健一に手紙 香美市の記念館に寄贈

吉井勇が黒岩健一に送った手紙(香美市香北町猪野々の吉井勇記念館)
吉井勇が黒岩健一に送った手紙(香美市香北町猪野々の吉井勇記念館)
 歌人、吉井勇(1886~1960年)が、「土佐の息子」とかわいがった高知県香美市出身の教員・文芸編集者、黒岩健一(1913~69年)に宛てた手紙が、黒岩健一の遺族から香美市立吉井勇記念館(香北町猪野々)に寄贈された。勇が健一の長男の名前を提案する内容で、吉井勇記念館の山中幸三郎館長は「家族同様に愛情を注いでいたことが分かる資料」と評価している。 

 黒岩健一は旧香美郡香北町大井平生まれ。農業をしていた20歳の頃、猪野々で隠せいしていた吉井勇と出会った。勇は幼い頃に両親を亡くした健一をわが子のようにかわいがり、国文学を教え、上京を勧めるなど人生の指南役となった。...

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。


カテゴリー: 文化・芸能香長

ページトップへ